未分類

Paka Pakaの秋写真

この夏からPaka Pakaのデイルームに大きな木が立っています。

Paka Pakaスタッフの教材づくりへの情熱って本当にすごいんです。時々,ボランティアさんがお手伝いに来て下さったりして,かなりこだわって毎月様々な教材を作っています。スタッフやボランティアさんいつも本当にありがとうございます。

夏休みは,子どもたちがここで虫取りごっこをしたりしていましたが,もう秋ですね♪ 子どもたちが作ったいろんな種類のぶどうが成り始めました。素敵でしょ♪

子どもたちが,このデイルームで「季節」を感じることで,その時間が日常でのいろんな発見につながっていってくれたらうれしいなと思います。

 

2018年 9月 13日 掲載

ランチ付き講演会画像

 

昨日、子育てサポート講座がありました。Paka Pakaにはこの時期、来年の就学や就園を控えたお子さんのご家族から相談を受けることが増えます。

「本人にあった就学・就園先が分からない、決められない」って悩んでいる方がこの時期本当に多いです。

私も今小5の長男が、就学先を決めるときはとっても悩みました。だから、相談に来られるみなさんの焦りや不安、手に取るようにわかります。

最近、そんなご家族の話を聴きながら感じることがあります。子どもの発達の不安を指摘された直後のご家族が、自分自身の気持ちを整理できずに、がむしゃらに今受けられるサービスや相談場所の情報を探して取り込もうとしているのだけれど、自分自身が「とても傷ついている」ということに気づけていないことがとても多いなあということです。

同じ境遇の人であれば、「誰もが通る道」という言葉で済まされがちだったりしますが、悲しみやら苦しみやらで「混乱状態にあり、今取り込むべき情報を選択できない状態」にあることがほとんどです。

お子さんの状態や、発達の不安を指摘されたときの状況、ご家族のお子さんの状況への理解度。。いろいろ聞いていく中で、お母さんが四面楚歌状態にあったり。。そんな状況で「今こどもにできる限りのことをしてあげたいんです!」ってもがいている。そんなときにまず、「どうしていくかはさておき。まずは、その状況はつらかったよね」って言えるのが同じ経験をしたピアサポーターなんです。そう声をかけると、多くのお母さんからこう答えが帰ってきます。「あっ、それ辛いって言っていい?思っていい?」私はそこが、本当の支援の始まりになるんじゃないかって思っています。

そこで初めて適切な情報提供ができる状況ができて、納得して療育に向き合える一歩が踏み出せるんだと思うんです。

様々な分野で課題が点在する発達障がい児への支援。包括的に支援する体制が今なぜ必要なんだろうか? 興味ある方はぜひご参加ください。皆様のご参加お待ちしています。(土肥りさ)

https://www.facebook.com/events/1152300168235537/?notif_t=event_calendar_create&notif_id=1509345110565786

2017年 11月 10日 掲載

【ミエルカ2016 寄付金額最終結果のご報告】

昨年128日から100日間、Paka Pakaがチャレンジしてきた、ミエルカ2016の寄付募集、最終集計が終了しました。最終結果は以下の通りとなりました。

 

寄付総額 889,897円 寄付者187名 達成率 115.57% 

 

今回、本当にたくさんの方から、温かい気持ちのこもった志金をいただくことができ、目標金額であった77万円を上回る寄付をいただくことができました。

 

寄付者の皆様には、これから改めて御礼をお伝えさせていただきますが、何より、当事者の課題に沿った子育てサロンの運営を行い、寄付者の皆様にいいご報告ができるよう努力していきます。

どうか、今後とも、NPO法人Paka Pakaをよろしくお願いいたします。

たくさんのご支援・ご協力、本当にありがとうございました。

NPO法人Paka Paka スタッフ一同

 

2017年 3月 28日 掲載