BLOG

強度行動障害養成研修写真

 

先日、半田市、武豊町、美浜町、南知多町、常滑市の広域連合で実施された強度行動障害支援者養成研修に講師として代表が参加しました。強度行動障害とは、障がいの2次障がいにより、自分や他人を傷つけてしまう等の行動を行ってしまうことを指します。行動障害があらわれている人は、必ずしもやりたくてやっているのではなく、適切な支援が行われていないのでそのような行動が出てしまっていると言われています。

この研修では初めて23町の広域で行われました。研修を開催されるにあたり、打合せを含み今まで関係の少なかった事業所・行政とも繋がることが出来ました。研修を行うことで、支援者としてのスキルアップやネットワークが広がれればと思います。

2018年 7月 18日 掲載

報告会 写真

先週7月10日,武豊町中央公民館にて,家族支援事業報告会を開催しました。

当団体が立ち上げ当初から,あいちコミュニティ財団の3年継続の助成事業として,とても多くの方にご協力をいただきながら積み重ねてきた活動をご報告させていただきました。

平日の開催でしたが,関わってくださったプロボノさん,寄付者,ピアサポーター・当団体のスタッフ・ボランティアが集まってくださいました。

 今年度から自主事業として継続しているピアサポーター養成講座やこれから始まる子育てサポート講座。3年前に調査から始まり,課題解決に向けた試験的事業の実施,事業実施に向けた資金調達と活動を積み重ねてくる中で,この活動を地域の方が多く共感してくださったことで,広報・発信場所の拡大につながっています。

 また,ピアサポーターそれぞれも,自分たちの立ち位置をしっかり見極めながら,地域において,主体的に活動できていることで,座談会の参加者が増えています。

 この活動は,発達に不安のあるお子さんを持つご家族が,子育てに向き合う環境の質の向上をサポートするということが一番の目的ですが,この活動を発信することが,地域に理解者を増やし,子育てしやすい社会づくりにつながったということがとても大きな成果だったと思っています。そのあたりも,参加者の皆さんと共有し,また新たに見えた課題解決に向けても今できることを話しあうこともできました。本当に有意義な会となりました。

 でも実際,この活動を「当事者目線」で積み重ねていくことは,本当に根気がいることです。でも,地域に協力者を増やすことは,確実に子どもたちの未来につながっていきます。これからもPaka Pakaとしてこの活動を継続していきたいと思っておりますので,どうか皆様これからもご協力お願いいたします。

 最後にこれまでの3年間,この活動を支えて下さった皆様,報告会にご参加くださった皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

土肥りさ

2018年 7月 17日 掲載

ピアサポ第三回写真

 

今日は,ピアサポーター養成講座の3回目,武豊町中央公民館にて開催しました!今日のテーマは「知多半島の障がい児支援の現状」。知多南部にて長年障がい児支援に携わってきた当団体の理事長土肥克也からお話を聞きました。サービスって何のためにあるの?

というところから,支援体制を構築する必要性,サービス利用へのプロセスなどを知ることができ,受講者との情報交換もとても有意義に行えました。ピアサポーターが受ける相談内容は,サポーターだけで抱えるのはとても難しい事例もあります。地域の相談機関の存在をしっかりと把握し,連携することもとても大切です。正しい情報提供ができることや地域の社会資源をしり,必要なところに橋渡しをしていくためにも,とても必要な時間となりました。ありがとうございました。

 

そして,このピアサポーター養成講座や秋から始まる子育てサポート講座を開講するに至るまでのプロセスと,見えた成果と課題をお伝えする報告会を来週10日,武豊町中央公民館にて開催します。家族支援事業を追求することが,法人内部にも地域に向けてもいい成果が見られたこと,多くのエピソードを一緒にお伝えします。

詳細はこちら→https://www.facebook.com/events/1953827771325640/?hc_location=ufi

参加希望の方は,office@paka-paka.netまで参加者氏名・連絡先をお伝えください。

皆様のご参加お待ちしています!

2018年 7月 05日 掲載