BLOG

知多半島フィールドワークEXPO 写真①【知多半島フィールドワークEXPOに参加しました!】

68日、日本福祉大学にて知多半島フィールドワークEXPOに参加させていただきました。このイベントでは、知多半島の13団体が日福の学生に団体紹介を行いました。

当団体も、療育サークルぷくぷくの学生はもちろん、サービスラーニングやインターンシップにおいて、学生の受け入れを行ったり、ゲスト講師としてお話させていただいたり、時には、卒論の相談に乗ったり、、いろんな場面で学生とつながらせていただいています。

 Paka Pakaの子どもたちにとっても、ご家族にとっても。学生のお兄さん・お姉さんとの出会いってすごく大きいんです。知多半島フィールドワークEXPO 写真②

 こういう場で学生とつながることができて、Paka Pakaの活動を知ってもらえて、社会課題を共有する機会があることは、地域に理解者が増えるってことであって・・ 本当に大きな意味を持ちます。これからも学生のみなさんといいつながりができたらいいなと思っています。

 今回はこのような貴重な機会をいただけて、心から感謝です。日本福祉大学の皆様、ご一緒させていただいた団体の皆様、本当にありがとうございました。

2017年 6月 14日 掲載

パン教室写真①パン教室写真②パン教室写真③パン教室写真④Paka Pakaのパン教室開催しました!】

6月4日にPaka Pakaのパン教室を開催しました。11組のご家族が参加され、とても賑やか!楽しい時間となりました。

メニューは、手作りピザとワッフル。今回講師をしてくださったパン作り研究会の林さんがとっても丁寧に教えてくださり、生地から作っていきました。

まずは、計量。みんなで分担して、材料を計量して、ピザ生地をこねるところから始めました。このピザ生地は、ご家庭でも簡単に作れるピザ生地です。みんな一生懸命こねていました。生地を発酵している間に、ピザの具材切りを行い、結構難しかったのは、発酵後の生地を丸くのばす作業。みんなほんとに一生懸命でした。

生地に具をのせて焼いている間に、ワッフルの生地を分割してワッフル焼き体験!

ワッフルの焼き型を開けた瞬間、子どもたち「わあっ♪」て歓声が!

出来上がりの熱々ピザを見た瞬間もみんな満面の笑顔。

この喜びと達成感は、子どもたちにとっても、ご家族にとっても大きな体験なんだろうなと感じながら、その笑顔にいつも、ああ、この教室やってよかったなって思います。

 

みんなでおいしく食べて、お片付けして、終了。

 

ピザやワッフルを作る作業だけでなくて、長く続けて参加している子どもたちは、片づけ作業にも積極的に参加してくれていました。洗うのが得意な子。定位置に運ぶのが得意な子。拭く作業が得意な子。こういう場を通して、得意な作業が見つかるってのもうれしいことですよね。

 

パン教室をすっごく楽しみにしていたんだよって嬉しそうに来てくれる子や、毎回知多半島外から参加してくださる子、前はあまり作業に参加出来なかったけれど、今回は慣れて、成長が見れましたって声も聴けました。

 

「楽しかった~!」って気持ちを、大切にしてくれたらうれしいなあって思います。

 

本当に素敵な時間となりました。いつも温かくサポートしてくださるパン作り研究会の皆様、参加者の皆様、、本当にありがとうございました。

 

次回は3月の予定です。皆様、次回もお楽しみに♪

 

2017年 6月 14日 掲載

ピアサポ 写真【ピアサポーター養成講座3回目 開催しました!】

昨日、武豊町中央公民館にて、ピアサポーター養成講座3回目を開催しました。今回は、当団体の理事長土肥克也より、知多半島の障がい児支援の現状についてお話していただきました。幼児期に利用できるサービスとその仕組み、知多半島の社会資源についてなど、とても詳しく教えていただき、みなさん、真剣に聴き入っていました。

 

今回のテーマは、ピアサポーターが「適切な情報提供」を行う上で正確な知識を持つということが目的です。でも、だんだんと受講生も、実際にご家族と接したときに、どこまで情報提供をしたらよいのだろうか。。とイメージしはじめていて、少しづつ不安も垣間見えることも増えてきたように思います。

 ピアサポ 写真②

ピアサポーターに求められる「専門性」は、完璧な相談支援技術を持つことではなく、あくまでも「傾聴」と「適切な情報提供」なんです。必要な場面で、必要な場につなげるためには、まずは「傾聴する」「課題を的確に把握することができる」「ピアサポーターの立ち位置を理解する」その三つを実践の中からしっかりと学んでいきましょうというお話しをして終了しました。

 

運営をする側としても、サポーターが安心して活動できるように、関係機関との連携体制をしっかりと構築するための努力をしていこうと思った、有意義な講座となりました。

 

理事長土肥さん、受講者のみなさん、ありがとうございました。

 

 

2017年 6月 14日 掲載