BLOG

サポ養成2①サポ養成2②

【ピアサポーター養成講座第2回 開催しました!】

今日、ゆめたろうプラザにおいて、ピアサポーター養成講座第2回を開催しました。

この回では、「メンターの役割を知る」「傾聴トレーニング」というところを、豊川市のNPO法人ゆう副理事長荻野ます美さんを講師に迎え、3時間、ワークを交え学び合いました。

同じ経験をしたピアサポーターにしかできないことは、教えるとかアドバイスではなく、共感すること。共感は、その方の状況をしっかりと聴くことができているというベースがあってこそ成り立つもの。たくさんのワークを体験しながら、聴くむずかしさ、また、話す・伝えるむずかしさを改めて感じました。

そして、一番印象に残ったのは、「自分の大変だったころのことを振り返ること」の大切さです。子どもが大きくなってくると、大変さの感じ方も変わってきてしまう。そこをふりかえり、つらいながらもかさぶたをはがす作業をしていくことで、本当の意味で同じ目線にたつことができるということ。それが「ピア」の役割なんだ」というところでした。ここは、サポーター同志で、常に振り返りをしていかなければならない視点だと改めて学ぶことができました。

サポーターの役割は、「傾聴」「共感」「情報提供」であり、全て答えるのではなく、必要な場への橋渡しです。でも、サポーターが、当事者がサポーターにしか言えない話をしっかり聴くことで、ときに虐待防止にもつながるし、療育環境の質の向上につながります。

今日の学びをしっかりとかみしめて、自分たちの役割をしっかりと認識したうえで、いい橋渡しがしていけるよう、頑張っていきたいと思います。

 遠いところ、また忙しい中、武豊までお越しくださった荻野さんにこころより感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

2017年 5月 18日 掲載

サポ養成①【ピアサポーター養成講座第1回開催しました!】

昨日、武豊町中央公民館にてピアサポーター養成講座第1回を開催しました。

初回の講座のテーマは、「Paka Pakaの歩みと家族支援」。

Paka Pakaがどういう経緯で立ち上がり、どんな理念をもって活動しているのか、

どういった目的で「家族支援」を行っているのかを事務局長からお伝えさせていただきました。

講座受講と実習が終わった後は、Paka Pakaの子育てサロンで活動をしていただきます。

Paka Pakaの全体像と目指すものをサポーターみながしっかりと理解し活動していくためにもとても大事なことです。それを今回は、講演と合わせ、最後に先日研修にて作成したロジックモデルを用い説明させていただきサポ養成②ました。

最後には、それぞれ自己紹介タイム。これまでの苦労から受講に至った想い。今回は短い時間でしたが、ここから一年をかけて、それぞれのこれまでの苦労と想いをどのように恩送りしていくのがよいのかを学んでいけたらと思います。

にしても、受講者のみなさんの学ぼうという想いは素晴らしく、本当に楽しみです。

このピアサポーター養成講座を行うことが、発達が不安なお子さんのご家族のフォローにつながることはもちろん、サポーター自身の学びにもなるように。この事業をよりよいものになるよう努力していきます。受講者の皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2017年 5月 12日 掲載

スポンジおえかき今日はスタッフと子どもたちで『スポンジおえかき』をしました!今日のお題は「木」。

白い画用紙に木の幹だけを用意してそれぞれが思い思いの絵具をスポンジを使ってポンポンポンとのせたり、伸ばしてみたり。

何色がいい?という質問に「虹色がいい!」という反応があったりと自由な発想で素敵な木が出来上がりました♪

2017年 4月 27日 掲載