BLOG

熊本応援チャリティフリマ、ご協力ありがとうございました。

 

61日開催しました、Paka Pakaチャリティフリマ。皆様ご協力ありがとうございました。募金を含めた最終収益額、20814円を今日、熊本県発達障害当事者会little bit様へ寄付をさせていただきました。

Little bit様のHPはこちら

https://sites.google.com/site/littlebitkuma/

 

Little bitには、当事者会なので福祉サービスを使っていない会員も多くいるそうです。

この当事者会は、そんな当事者の方々の気持ちを整理する大事な場となっているそうなのですが、震災により、使用していた公民館などが利用できなくなったり、仕事を失ってしまい、困っている当事者の方などもいらっしゃるそうです。

Paka Pakaに通ってこられる発達障がいのお子さんたちのタイプはとても幅が広く、この熊本の震災のニュースを見たときにやはり一番感じたことは、発達障がいの当事者の方々が避難所で過ごせているのだろうか?周りになかなか分かってもらいにくい当事者の方たちまで、サポートは届いているのだろうか?ということでした。Paka Pakaの理事長・事務局長の子どもにも発達障がいがありますから、本当に他人ごとではなくて。。

Little bitさんは、そんなサービスが届きにくい当事者の方々への共助活動をされています。私たちにできることは少ないですが、少しでもお役に立てたらと思い、寄付をさせていただきました。

これからも、熊本の状況をお聞きしながら、自分たちにできることを考えていきたいと思います。

2016年 6月 06日 掲載

第5回子育てサロン開催第5回子育てサロン ~悩みと付き合う方法を見つけよう シールバッグづくり~ 開催しました!!

今回は参加者が少なめではありましたが、サポーターも一緒に参加し、講師の藤田さんも一緒に輪になり、楽しい時間を過ごすことができました。

シールバッグのキットは、先輩母であるサポーターが準備してくれました。最初は、果物のヘタを縫い付けるところから開始して、レモンやリンゴの模様を、先生に教わりながら刺繍していきました。みなでチクチク針仕事ってやっぱりとてもいい時間!!静かに集中する時間が流れる中で、ちょっとした日頃の愚痴などを言ってみたり、それぞれの趣味を話しあってみたり。参加者のご家族から、「あー。刺繍習ってみたくなりました!」って言葉も聞かれました。

講師の藤田さんからは、「手芸の良いところは、道具を一個の缶などにまとめて置けば、どこでもできるところ。こうやって集中する時間。本当に大事にしてほしい。」との言葉をいただきました。

今回この企画を通して、ご家族って「子どものために学ぶ」ってことにはすごく一生懸命。もちろんそれが一番大事なんだけれど、「自分の時間を大事にする」ってことに抵抗がある方はたくさんいるのだなあと感じました。「子どもに適切に関わるために、家族自身が自分を整える努力をする」それは、決して悪いことではありません。もちろん、度を過ぎてしまってはいけないけれど。簡単に取り入れられる方法を身近に置いておくこと。大切にしてほしいなあと心から思ったサロンとなりました。

参加してくださった皆様、サポーターの皆様、託児スタッフの皆様。本当にありがとうございました。

2016年 6月 06日 掲載

てるてるぼうずもう少しで梅雨の季節…ということで!

集団の活動で子どもたちと「てるてるぼうずづくり」をしました!

てるてるぼうずに使った紙は習字紙をそれぞれが色水をストローでスポイトのように取って色付けしたもので、それぞれ思い思いのてるてるぼうずを一生懸命に制作。

どの子もとっても生き生きとした表情で楽しんでいました!

たくさん作ったてるてるぼうずを子どもが飾ってくれたので思わずパシャリ。

とっても可愛いです!このてるてるぼうずに晴れを願いながら・・・。

また楽しい活動をたくさんしていきたいです♪

2016年 6月 03日 掲載