BLOG

第三回子育て3回 子育てサロン 開催しました!

317日、武豊町中央公民館にて、第3回子育てサロン~紬~を開催しました。第3回は、春日井のNPO法人あっとわん代表理事の河野弓子さまにお越しいただき、「子どもをのばすほめ方しかり方のこつ」というテーマで、お話していただきました。

 河野さんは、行動分析をもとに、生活の中で子どもの行動へどう対応していけばよいのかを、とてもわかりやすく紐解きながらお話ししてくださいました。「こうすればいい」という魔法の言葉ではなく、まずは「メカニズムを知る」ことから始まる。悩みは消えない子育てだけど、、でも知っていることで、その悩みの揺れを最小限にすることはできる。

 専門的なことを、「子育て」「女性」「生活」という視点を大切に、丁寧にお話ししてくださった河野さんに、参加者の皆さんもとても感銘を受けて、いい顔で帰られました。

 子育てにおける必要な情報提供は、それを必要としている方たちの状況に合わせた伝え方で、本当に必要な情報を伝えるかがいかに大事かを、企画した私自身も深く学べた講座となりました。河野さん、参加者の皆さん、ご協力くださった託児スタッフの皆様や当団体スタッフ、本当にありがとうございました!!

2016年 3月 23日 掲載

定例会310日武豊町中央公民館にて、定例会を開催しました。

当初会員定例会として開催する予定でしたが、なかなか聞けない防災をテーマにした貴重な機会であるため、急遽公開講座としました。

 

武豊町手をつなぐ育成会会長の倉知様より、災害時要援護者について、福祉避難所・福祉避難室について。

また障がいのある子を抱えた家族へ向け、薬の備蓄についてや、地域との連携の在り方を具体的に学ぶことができました。

「引き渡しカード」は学校や園とかわしてはいるけれど、具体的な避難の順番などって結構理解していなかったりするんですよね。はっとさせられるお話がたくさんあり、本当によかったです。

参加された方からも、「初めて聞くお話ばかりでほんとに勉強になりました!」という声も聴かれました。ほっとcafeのパンをいただきながらの懇親会のでは、「普通級に通ってはいるけれど、災害が起きていざ逃げるとなったらパニックを起こしてしまうかもしれない。防災訓練でもどのように参加しているかもわからないから心配」といった具体的なご家族の声も聴かれました。本当にそうですよね。防災訓練の様子などについては、お子さんの状況と合わせて災害時の対応を担任の先生と定期的に話す機会を持つこと、利用している事業所の災害時の対応についてしっかり把握しておくことなど、とても重要な意見交換ができた貴重な場となりました。

今回聞けなかった方のためにも、みなさん必要としている情報が詰まった講座ですので、また機会を改めて再度開催できたらと思っています。武豊町手をつなぐ育成会の倉知様、参加者の皆様、ありがとうございました。

2016年 3月 10日 掲載

パン①パン②36日にPaka Pakaのパン教室を開催しました。

参加予定の12組のうち4組が体調不良でキャンセルとなってしまい、

開催自体どうしようかと悩みましたが、なんとか8組のご家族と一緒に肉まん作りをすることができました。

 

 

Paka Pakaのパン教室は、家族支援事業の余暇の場づくりとして、

任意団体のころから考えると、すでに5年前から年2~3回のペースで開催しています。

ずっと参加してくれているご家族もいらっしゃいます。

子どもたちの成長を一緒に喜べる場にもなってきました。肉まん作り。

生地こねから開始し、なるべく空き時間が出ないように、

発酵時間に作業をうまく組み込み、スケジュールを組んでいます。

余暇の場ですが、どの子もやはり「楽しかった!」って気持ちを持って帰ってほしい。

なので、最小限ではありますが、小さな手順カードも用意しています。

包む作業、難しいかなって思うけれど、出来上がっていくパン③作業にはみな熱中。

とても真剣でびっくり!!やっと出来上がって会食の時間は、

みんな待ってました!とうれしそうに必死に食べます。しかも、しずか!!笑 

この瞬間の感動を、親も子もスタッフもみんな一緒に味わえるのが、

このパン教室の見せどころなんじゃないかなと思います。また、楽しかったねって気持ちを家まで持って帰ってほしいという想いで、手順カードはお土産としました。

この教室帰り間際でのお母さんからの「子どもが迷惑をかけてごめんなさい」って言葉はなしにしてるんです。楽しい気持ち、大事にしてほしいですもの。子だけでなく、親もね。

 

 

教室終了後に、初参加の子が「次の時にはどんなパンをつくる??」って嬉しそうに聞きに来てくれました。とっても嬉しかった♪子どもたちの「ワクワク」の気持ちと笑顔が、子どもたちのこれからを生きる力となってくれたら。。と願って、これからも、この教室を継続していきたいと思います。ご参加くださった皆様、パン作り研究会の戸田様、スタッフの皆さん、心から感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

2016年 3月 09日 掲載