大切なお知らせ

サンキャッチャー紹介①サンキャッチャー紹介②サンキャッチャー紹介③

Paka フェスでは、もう一つのワークショップがありますよ。それは、当団体がいつもお世話になっているアトリエカラフルのともちゃん先生こと、南川知美先生による「サンキャッチャーづくりワークショップ」です。

サンキャッチャーって何??って方もいるかと思います。写真はちょっとわかりにくいけれど。。サンキャッチャーを通してできた虹が家の中を遊ぶ風景♪光を通すと、虹ができるんですよ。素敵でしょ♪

大人も子どもも、キラキラしたものってワクワクしますよね♪

 

南川先生は、Paka Pakaの集団療育でも造形教室に来てくださっています。

どの子にも同じ目線で、温かく、その子らしい造形のプロセスを見守ってくれる本当に素敵な先生。南川先生のその子どもとの向き合い方に感銘を受け、来ていただくようになってから4年ほど経ちましたが、毎回変わらず素敵な笑顔で、みんなにカラフルな世界と素敵な時間をくださるともちゃん先生。当団体のセラピスト養成講座も受講されているんですよ♪

サンキャッチャーは工程もわかりやすく、とっても簡単にできます。当日は、Paka Pakaのスタッフや療育サークルぷくぷくの学生もサポートしますので、お気軽にご参加ください。

皆さん、素敵な時間を、一度体験してみませんか?

 

参加希望の方は、office@paka-paka.netまで、参加者氏名・連絡先をお伝えください♪

 

2018年 1月 15日 掲載

高松さん 写真

いよいよ、Paka Pakaフェスティバルまであと5日となりました!今日から毎日、Pakaフェスの見どころをお伝えしていきます!

今年のPakaフェスは、たくさんのご家族に参加していただけたらと思い、二つのワークショップを企画しています!その一つが「無脳薬ミュージシャン」として活動しているシンガーソングライターの高松信友さんによる音楽ワークショップ「キミダケノオト・キミダケノウタ」です。

高松さんはご自身も発達障がい当事者。ご自身のこれまでの経験があるからこそ、「障がいがあってもなくても。同じ人として!」をモットーに、シンガーソングライターとして活動されています。

今回のワークショップについて。高松さんが先週Paka Pakaに来てくださり、じっくりお話しを伺いました。

※写真は、その時の信友くんとPaka Pakaスタッフ☆ 打ち合わせも楽しかった~☆

 

会場には、パーカッションやプラスチックの箱や洗濯板、ペットボトルなど、いろいろなオトがうまれるものをたくさん用意しています。そこにいるみんな、大人も子どもも同じラインで、信友くんのウタに導かれながら、「今の自分の気持ち」を「オト」にしていきます。

 

このワークのルールは、「ものを壊さない」ただ一つ。

一番大切にしていること、それは、

「音楽を真ん中において、それぞれの今の気持ちをオトにする。そのオトは、どれも無条件にいいものです。それをそこにいるみなで、無関心でなく、ただそこにあるものとして受け止めていくことを大切にしています。それは、きっと人を受け入れることや協調性につながっていくから。どんなオトも排除しない。そこがこのワークショップで大切にしていることなんです。」

信友くんの想いは、本当にストレート。私はいつも信友くんに会うと、不思議と癒されるんです。生きにくさとか、普段私たちが当たり前に見過ごしていることをきづかされ、はっとして。本当に大切なことを思い出させてくれて。。。

もちろんワークショップの最後には、信友くんのliveもありますよ!

障がいがあってもなくても、大人でも子どもでも、みんなで一緒にこの世界を体験してみませんか?   みなさんぜひご参加くださいね。

信友くんのウタはこちらからも聴けますよ。とにもかくにも、ぜひ一度聴いてみてください!!♪↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=rZs6FODYgXc

https://www.youtube.com/watch?v=G53i9SRT468

 

  • Paka Pakaフェス参加希望の方は、office@paka-paka.netまで、参加者氏名・連絡先をお伝えください。
2018年 1月 15日 掲載

フェスチラシ 画像
あっという間に12月中旬となり、2017年も終わりに近づいてきております。
来年はどんな年にしよう?何をしよう?とお考えの皆さんに楽しいフェスのお知らせです!
昨年も行いました、Paka Pakaフェスティバルが2018年1月21日(日)にクラシティ半田にて開催することになりました!!今回はPaka Pakaのデイや家族支援イベントの造形教室でお世話になっているアトリエカラフルの南川先生のワークショップで太陽の光を通すときらきらと虹ができるサンキャッチ―を作ります!そして、発達障がい当事者であり「無脳薬ミュージシャン」としても活動されている高松信友さんが歌のワークショップとして「きみだけのうた」というそれぞれが自由な表現を出し合ってひとつの歌を作っていくという素敵な時間を提供してくださいます!
楽しい時間になること間違いなしです♪ぜひ皆さんご参加ください。

日時:1月21日(日)14:00~16:15
場所:クラシティ半田ホール
参加費:お一人500円
申し込み方法:①名前②人数③連絡先をoffice@paka-paka.netまでご連絡ください。

日頃の感謝を込めまして、心をこめたフェスティバルを開催させていただきます!!
よろしくお願いいたします!

2017年 12月 19日 掲載