お知らせとイベントのご案内

ピアサポチラシ 修正版画像【ピアサポーター養成講座 開講まであと1週間となりました!!まだまだ参加者募集中です!!】

 昨年,初めて開講したピアサポーター養成講座。ピアサポーターとは,当団体の子育てサロンや座談会などに同席し,「傾聴」と「情報提供」を行い,当事者と支援者の橋渡しを行う先輩親です。同じ経験をした親だからこそ,より専門性を持ち,長く活動していくためにという想いから,養成講座を開講しています。 昨年の講座では,7名のピアサポーターが誕生し,この4月からはピアサポーターが地域で座談会を開催しています。

 

障がいの子の親であるっていう立場って,子どもの発達に悩むご家族から相談を受けたりすることもおおいですよね。特に気持ちの揺れやすい小さなお子さんをもつお子さんのご家族との関わり方については,

「不安にさせてもいけないし,逆に希望を持たせすぎてもいけないし。。」

と,とっても悩むところだと思います。

 

この講座を受講すると,傾聴するときのコツや,適切な情報提供ができるために,制度や地域の関係機関の役割について知ることができます。また,その中で「行動分析」の視点も一緒に学びながら,相談の中にある様々な課題を紐解くための物事の見方も学べます。

 

 でも,ピアサポーターだからって完璧にサポートしなければならないってことではないんです。ピアサポーターだからこそできることってあります。

 

 困っているご家族たちが「ピアサポーターだから言えること」ってある。その中で見えた課題を一緒にゆっくり紐解きながら,時には解決できずに一緒に困ったりしながら。

 

 Paka Pakaでは,ピアサポーターが長く続けていける仕組みづくりも大切にしています。

また,自分自身の子育てを振り返る機会にもなりますよ。

 

 親の会の役割も,だんだんと変わってきている昨今。その人にあった場所を見つけ,その人に会った場所につなげていく場が必要なんだと思います。そんな場を創っていけるキーパーソンがピアサポーターなんじゃないかと思うのです。

 

 講座や実習もできる限り,都合が悪いときには振替ができるよう調整します。ピンときた方は,お気軽にお問合せくださいね。お待ちしています。 

担当:土肥りさ

2018年 6月 06日 掲載

発達支援相談会 チラシ画像

皆様こんにちは。

暑くなったり寒くなったりの毎日ですが,皆様いかがお過ごしですか?

以前にもお伝えしましたが,改めてお知らせいたします。

 

Paka Pakaでは,来月6月12日に「発達支援相談会~こどもの育ちを支えるために~」を半田市市民交流センターにて開催します。

 

「あれ?うちの子,ちょっとゆっくりかな?」って不安を抱えていても,小さいうちは「きっと大丈夫だよ。みんなそうだよ。」って言われることも多くて・・。そんな言葉に安心しつつも,「うーん。でもやっぱり本当のところってどうなんだろう?」といった感じで堂々巡りのもやもやをずっと抱えてる。。なんてことありませんか?

 

そんな言葉にならない悩みをちょっと紐解くきっかけがつくれたらいいよねって想いから,相談会を開催します。専門家と当団体で養成を受けたピアサポーター(同じ経験をした先輩親)が同席し,ミニ講座も聞けるお得で貴重な機会です。

 

ピンときた方は,お気軽にお問合せください。

 

日時:平成30年6月12日(火)10:00~12:00

場所:クラシティ半田 半田市市民交流センターミーティングルームB

託児:有 要予約(別室での託児となります)

参加費:無料

参加申し込み方法:office@paka-paka.net まで,①保護者氏名 ②お子さんの年齢 ③託児の有無 ④個別相談希望の有無 をお知らせください。

対象:1歳から4歳の発達に不安のあるお子さんの保護者

 

2018年 5月 31日 掲載

ピアサポチラシ 修正版画像

先日,こちらでもお知らせしたピアサポーター養成講座。まだまだ受講者募集しています!

この講座をPaka Pakaが続けていこうと思う理由。

それは,「発達障がいを持つ子どもたちの将来のために,地域に理解者を増やしたい。」という想いです。

 

一番子育てで揺れやすい就学前の時期,家族はいろんなことがわからない中で,時に傷ついたりしながらも,必死に今できることを探しています。なかなかその状況を客観的に観て,状況を整理するって,家族だけの力だけではなかなかできないんですよね。でも,整理せずに,がむしゃらに進んでしまうことって,支援者や地域に対する「怒り」や「悲しみ」の感情を抱えながら,子どもと向き合っていくことになりかねません。

 

発達障がいの子の子育て経験している私にとって,この状況を整理することは,「子どもの支援環境」をよくしていくために,とっても必要なことだと思っています。ここを紐解いていけるのは,やはり「同じ経験をした親」なんじゃないかと思うのです。

 

この講座は,「傾聴」と「適切な情報提供」ができるように,とても充実した幅広い講座が受けられます。実習後のフォローもあります。

 

  • 地域で親の会や座談会を開催している方
  • よく相談を受けるけれど,どこまで共感したらよいだろうか。自分のアドバイスこれでいいのかな?と悩んでいる保護者の方

 

そんな方に受けていただけると,とってもいいかなって思っています。

 

 完璧なお母さんだからできるのがピアサポーターではありません。

同じ経験をした親だからこそ,すぐに解決できない課題を多く持つ家族の支援において,一緒におろおろしたり,困った,困ったって言いながら,横にいることができるピアサポーター。

 昨年度受講された方は,「自分の子育てを振り返るいいきっかけになった」と,現在とてもいい表情で,地域でできることに取り組んだりしてくれています。

 

 興味のある方,ぜひ一緒に学びませんか?

 

【ピアサポーター養成講座】

  • 講座概要 チラシをご参照ください。
  • 受講料 講座全4回+実習3回すべて含めて5000円 (初回に徴収します。)
  • 講座・実習を終了された方は,Paka Pakaでピアサポーターとして,子育てサポート講座やペアレントトレーニングのサロンタイムや,就学前の小集団療育の茶話会に同席できます。その際は,わずかですが謝金をお支払いします。
  • Paka Pakaの学習会等の参加費優遇があります。

 

参加希望の方は,@ffice@paka-paka.net まで,① 参加者氏名 ② 託児の有無 ③連絡先をお伝えください。

 

皆様のご参加,お待ちしています。

 

担当 土肥りさ

2018年 5月 23日 掲載