お知らせとイベントのご案内

発達支援相談会 チラシ画像

さあ,いよいよ梅雨入りですね。気分が落ち込みがちな季節ですが,小さな楽しみを見つけながら,うまくやり過ごしていきましょうね。

 

さて,なんどかお伝えしていますが,Paka Pakaの発達支援相談会まであと1週間となりました!まだ残席ありますよ~!!

 

Paka Pakaでは発達障がい児の療育支援と家族の支援を行っていますが,いろんな場所でお子さんの発達についての相談を受けます。でも,定員がいっぱいだったりして,すぐに

療育に繋げないこともとても多くあります。でもそんな状況大切にしたいと思っていることは,「相談できる関係性を継続すること」です。「うち今いっぱいです~」で話が終わってしまったら,その後の相談ってなかなかしにくくなってしまいますよね。そんなことができるだけないように,こういった相談会でつながった方には,当団体の家族支援k学習会のイベントのお知らせなどを行い,必要なタイミングでつながれるよう配慮をしています。

 

 この場で目に見える解決にならなくても,その後の安心にもできる限りつなげていける相談会でありたいと思っています。興味のある方はお気軽にお問合せくださいね。お待ちしています。

 詳細はチラシをご覧ください。参加希望は0ffice@paka-paka.netまたは,℡ 0569-77-0492まで一度ご連絡をお願いいたします。

 

 

 

2018年 6月 07日 掲載

座談会 @半田 チラシ

Paka Pakaより座談会のお知らせです。

毎年1回出張座談会を開催していましたが,今年度は半田市で開催します。

テーマは,「発達に不安のある子の子育てのいろいろ,ちょっとことばにしてみませんか?」日頃のもやもやが「しょうがないよね」って感じで「いつも当たり前にあるもの」になっていませんか?

そんなこともちょっとことばにしてみるだけで,意外な解決方法が見つかったりするものです。でもそれって,家族だけではできないこと。少人数で,そこを共感・傾聴・情報提供を行いながら,ゆっくり紐解いてくれるピアサポーターも同席する座談会です。子育て環境をちょっとだけよくするきっかけがみつかる場所になればと思っています。興味のある方は,office@paka-paka.netまで,参加者氏名・連絡先をお伝えください。

2018年 6月 06日 掲載

ピアサポチラシ 修正版画像【ピアサポーター養成講座 開講まであと1週間となりました!!まだまだ参加者募集中です!!】

 昨年,初めて開講したピアサポーター養成講座。ピアサポーターとは,当団体の子育てサロンや座談会などに同席し,「傾聴」と「情報提供」を行い,当事者と支援者の橋渡しを行う先輩親です。同じ経験をした親だからこそ,より専門性を持ち,長く活動していくためにという想いから,養成講座を開講しています。 昨年の講座では,7名のピアサポーターが誕生し,この4月からはピアサポーターが地域で座談会を開催しています。

 

障がいの子の親であるっていう立場って,子どもの発達に悩むご家族から相談を受けたりすることもおおいですよね。特に気持ちの揺れやすい小さなお子さんをもつお子さんのご家族との関わり方については,

「不安にさせてもいけないし,逆に希望を持たせすぎてもいけないし。。」

と,とっても悩むところだと思います。

 

この講座を受講すると,傾聴するときのコツや,適切な情報提供ができるために,制度や地域の関係機関の役割について知ることができます。また,その中で「行動分析」の視点も一緒に学びながら,相談の中にある様々な課題を紐解くための物事の見方も学べます。

 

 でも,ピアサポーターだからって完璧にサポートしなければならないってことではないんです。ピアサポーターだからこそできることってあります。

 

 困っているご家族たちが「ピアサポーターだから言えること」ってある。その中で見えた課題を一緒にゆっくり紐解きながら,時には解決できずに一緒に困ったりしながら。

 

 Paka Pakaでは,ピアサポーターが長く続けていける仕組みづくりも大切にしています。

また,自分自身の子育てを振り返る機会にもなりますよ。

 

 親の会の役割も,だんだんと変わってきている昨今。その人にあった場所を見つけ,その人に会った場所につなげていく場が必要なんだと思います。そんな場を創っていけるキーパーソンがピアサポーターなんじゃないかと思うのです。

 

 講座や実習もできる限り,都合が悪いときには振替ができるよう調整します。ピンときた方は,お気軽にお問合せくださいね。お待ちしています。 

担当:土肥りさ

2018年 6月 06日 掲載