事業所概要

理念・ミッション

理念:『~きみの世界をおもしろく~』

ミッション:『発達に障がいのある子とその家族のために、療育+福祉の専門的な支援体制を構築する』

『わが子に発達障がいがあるかもしれない』と感じた時から、親は障がいのある子の幸せのために、 何をしてあげられるだろう、何が必要なのだろうと苦難の道をたどることだと思います。

『ことばが遅いけど、どう促せばいいのかわからない』
『発達しょうがいがあり、療育が必要と言われたけれど家庭でどうしたらいいのか分からない』等・・・
発達しょうがいを持つ家庭は、療育を含め様々な悩みがあるでしょう。

専門的な療育を受けさせたいと感じた時、 残念ながら日本では、社会資源の差から都市部と郊外では大きな地域格差があります。仮に見つかっても、遠すぎたり、民間の団体では料金が高すぎたりして、手が出しにくいのではないでしょうか?

『療育・福祉という切り口で発達障がいのある子の幸せを実現したい』
『郊外でも専門的な療育を受けさせたい。』
そんな親や療育者の想いからPaka Pakaは誕生しました。

『~きみのある子の世界をおもしろく~』という理念のもとに、発達障がいのある子や家族のために、療育と福祉を合わせた専門的な支援体制を構築した世界を目指して進みます。

スタッフプロフィール

土肥 克也(どひ かつや)001
まだまだ発達障がいがある子の世界は十分ではありません、だからこそおもしろくしたいそんな想いで立ち上げました。支援者、保護者と協働しておもしろく変えていきたい。

日々の仕事:理事長、管理者及び児童発達支援管理責任者
自分のテーマ:雨ニモマケズ 風ニモマケズ
出身地:兵庫県姫路市

略歴
皇學館大学卒後、社会福祉士を取得。福祉系NPO法人の立ち上げから関わり、障害者・児の生活支援を11年間行う。

長男が自閉症であったことをきっかけに「アイズサポート」伊藤久志氏のスーパーバイズを2年間受け2014年に法人を設立。

資格
社会福祉士、介護福祉士、発達障害者支援指導者所属学会
日本行動分析学会、日本自閉症スペクトラム学会役職
武豊町手をつなぐ育成会 副会長家族
妻、息子2人
安江 輝子(やすえ てるこ)002
子どもたちにいつも元気をもらっています。「きみの世界をおもしろく」を胸に頑張ります!

日々の仕事:児童指導員
自分のテーマ:笑う門には福来る
出身地:知多市

略歴:日本福祉大学子ども発達学部卒業

田島 俊子(たじま としこ)004
子どもたちの楽しく面白く、そして明るく輝く未来を作るサポートができるよう頑張ります!

日々の仕事:児童指導員
自分のテーマ:日々漸進
出身地:新潟県

略歴:文学部英語英米文学科卒業 中学校・高等学校教諭一種免許取得

土肥 りさ(どひ りさ)003
支援者と親の立場の両方を知っているということを強みとし、よりよい支援の形を構築できるように頑張ります♪

日々の仕事:事務局長
自分のテーマ:「幸せは途切れながらも続くのです。」
出身地:浜松市

略歴
聖隷介護福祉専門学校で介護福祉士を取得。
5年高齢者施設に介護職として勤務後、日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科に社会人編入・卒業。

松本 静香(まつもと しずか)005
お子様の成長を一緒に見守り、いろいろと支えていけるように頑張ります!

日々の仕事:事務員
自分のテーマ:安心立命
出身地:広島県

略歴:暁の星栄養・福祉専門学校 栄養士免許取得

事業所概要

法人名 特定非営利活動法人Paka Paka
事業所名 こども発達サポートセンター ぽかぽか
管理者及び児童発達支援管理責任者 土肥 克也
児童指導員・保育士 土肥 りさ、安江輝子、坂井みどり、田島俊子
松本静香
住所 愛知県知多郡武豊町字熊野51-2
連絡先 電話・FAX 0569–77-0492
メールアドレス office@paka-paka.net
Home » 事業所概要 (現在のページ)